お役立ち情報

仕事がないフリーランスに試してほしい対処方法5つ!おすすめの仕事の探し方も紹介

フリーランスになりたての人は、仕事がないと、途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

「もしこのまま見つからなかったら・・・」と、困っている人もいると思います。

そこで本記事では、仕事がないフリーランスの特徴や、効率的な仕事の探し方を紹介します。

仕事に関して不安を持っているフリーランスの方は、ぜひ参考にしてみてください。

仕事がないフリーランスの特徴

フリーランスは、会社員のように仕事が保証されているわけではなく、状況次第で仕事がない状態に陥る可能性があります。

しかし、自分自身が原因で、仕事を遠ざけているケースもあります。

仕事がなくなりやすいフリーランスの特徴は、

  • 仕事を選びすぎる
  • 営業が足りない
  • スキルが足りない

上記のようなケースが多いです。

仕事を自由に選べるのがフリーランスのメリットですが、実績や能力が足りないのに、仕事をえり好みすると、できる仕事がなくなってしまいます。

まずは自分のスキルに見合った案件から、実績を作っていくのが大事です。

また、フリーランスは、積極的に営業しないと仕事は増えません。

「仕事がない」と悩んでいる人は、自分を売り込んだり、アピールしたりするのが苦手である可能性が高いでしょう。

仕事がないフリーランスの対処法5つ

ここからは、仕事がない場合や、なくなったときの対処法をいくつか紹介します。

経験・実績を積む

フリーランスにとって、一番の武器は経験と実績です。

経験と実績があれば、新しく仕事を獲得できるチャンスも増えます。

とはいっても、かけだしで経験や実績が不足している場合は、どうすればいいのでしょうか。

まずは、単価にこだわらず、色々な仕事を受けて地道に実績を積むことです。

遠回りに感じるかもしれませんが、少しずつスキルや経験が身につくので、やがて単価の高い仕事にも繋がりますよ。

ポートフォリオやプロフィールを充実させる

仕事がなく、時間を持て余しているときは、ポートフォリオを充実させましょう。

ポートフォリオとは、自分の実績や経験を一覧にまとめたものです。

ポートフォリオを作成する理由は、クライアントに対して、「自分に仕事を依頼した場合、どのようなメリットがあり、どのようなことを貢献できるのか?」を提示するためです。

持っている資格やスキル、これまでの経歴を書くのはもちろんですが、誰が見ても、分かりやすいポートフォリオを心がけましょう。

ブログやSNSで情報発信する

ブログやSNSで情報を発信することでも、仕事がない状態を解消できます。

発信する内容は、プライベートの出来事よりも、仕事観や、ユーザーにとって役立つ情報がおすすめです。

それを見た人や企業から、仕事の依頼がくる可能性があるからです。

  • 自分がどのような人材か
  • どのようなことが得意なのか

などを知ってもらうことを意識しましょう。

セミナーや勉強会でスキルアップをする

スキル不足が原因で仕事がない場合、セミナーや勉強会などに参加してみましょう。

フリーランスの場合、知らないことは積極的に学ばないと、いつまでも新しい知識は獲得できません。

セミナーや勉強会により、これまで自己流になっていた部分や、アップデートできていない部分などを補うことができるでしょう。

働き方・考え方を見直せるチャンスでもあります。

イベントや交流会に参加して人脈を作る

仕事がないときに、頼りになるのが人脈です。人脈が広ければ広いほど、仕事のチャンスも増えますよ。

人脈作りには、イベントや交流会に参加するのがおすすめです。

同業種・異業種問わず、さまざまなフリーランス・経営者と交流できるので、人脈を構築できるでしょう。

新しい人脈から、新規の仕事につながる可能性もあります。

仕事がないフリーランスにおすすめ!仕事の探し方4つ

仕事がないときは、やみくもに探してもうまくいきません。探し方にもいくつかコツがあります。

ここではフリーランスになったばかりの方向けに、仕事の探し方をまとめてみました。

クラウドソーシングを利用する

仕事がないときは、クラウドソーシングサイトに登録してみましょう。

「クラウドソーシング」とは、仕事を依頼したい人と仕事を探している人を、マッチングする仕組みのことです。

得意な分野や、自信のある案件にしぼれば、うまく仕事を見つけられるでしょう。

次に、おすすめのクラウドソーシングサイトを紹介します。

クラウドワークス


引用:クラウドワークス

クラウドワークスは、国内最大級のクラウドソーシングサイトです。

約70万社が仕事の発注をしているので、案件数は豊富。自分に合う仕事を探しやすいです。

仕事の種類も、ライティング、デザイン、ホームページ制作、動画編集など、240種類以上の仕事があります。

ちなみに仕事がないときは、「タスク作業」をやってみるのがおすすめです。

タスク作業とは、ワーカーの選定や交渉をすることなく、即日着手できる仕事のことをいいます。

「仕事がない状態から抜け出したい!」と思っている人は、ぜひ登録して、タスク作業に挑戦してみましょう。

CrowdWorks(クラウドワークス)はこちら

フリーランスエージェントに登録する

クラウドソーシングでは、数週間~数カ月単位で終わる短期案件も多く、スケジュールに空きができることもあります。

継続的に案件を受注し、スケジュールをなるべく埋めておきたい人は、フリーランスエージェントを利用するのがおすすめです。

面倒な手続きや交渉は、すべてエージェントに丸投げできるので、仕事のみに集中できます。

次に、おすすめのエージェントサイトを紹介しますね。

クラウドテック


引用:クラウドテック

クラウドテックは、ITエンジニアやWebデザイナーに特化した、エージェントサイトです。

依頼主は上場企業が多数を占めています。

クラウドテックは、他にも以下のような特徴があります。

  • 一部常駐案件多数
  • 長期案件が大半
  • リモートワークにも対応
  • キャリアカウンセラーがマッチング

クラウドテックの案件のほとんどが、一部常駐案件(職場に週に数回出勤して働くタイプ)です。

そのため、ある程度1日のスケジュールを決めておきたい人や、一人で作業するのが苦手な人に向いているでしょう。

クラウドテックは、専門カウンセラーが企業と応募者をマッチングするため、契約後のミスマッチを防ぐことができます。

継続的かつ高単価の仕事を探しているフリーランスは、クラウドテックをぜひ利用してみてください。

クラウドテックはこちら

別の収入源を確保する

基本収入とは別に、別の収入源を確保しておくことでも、仕事がない状態になることを防げます。

例えば、専門外のジャンルの副業を始める、アルバイトを始めてみる、などでも仕事を確保できます。

単にお金を稼ぐだけでなく、新しい仕事で得た経験や知識も、フリーランスとしてのステップアップにつながります。

過去の取引先や知人に営業をかける

過去の取引先や知人に営業をかけることで、新しい仕事をもらえることがあります。

双方のタイミングと条件が合えば、契約に至ることがあるでしょう。

かけだしの頃には縁がなかったクライアントでも、実績やスキルが身についていれば、依頼を受けられる可能性もあります。

そのため、現状の自分の状況をまとめなおして、営業をかけてみるのをおすすめします。

仕事がないフリーランスの注意すべき点

仕事がないときは、普段は縁のない案件も、候補のひとつとなるかもしれません。

しかし、フリーランスが新しく仕事をとる際には、注意点がいくつかあります。

ここでは、その注意点をまとめたので、参考にしてみてください。

安易に単価のハードルを下げない

仕事の単価を下げれば、確かに仕事が取りやすくなるでしょう。

ただ、あまり仕事の単価を下げてしまうと、最悪、最低賃金を下回る可能性もあります。

一度単価を下げて引き受けてしまうと、その契約が終わるまでは、仕事を続けなくてはなりません。

その結果、時間をどれだけかけて働いても、手にする報酬はごくわずか、という事態になりかねません。

「最低賃金を下回る受注は避ける」など、ルールを決めておくとよいでしょう。

契約内容をしっかり確認する

仕事の話がきた際は、トラブル回避するために、契約を交わす前に、仕事内容や報酬はしっかり確認しておくべきです。

仕事をし始めてから、「仕事の条件が違った・・・」なんて後悔をしないようにしましょう。

コロナ禍により仕事がないフリーランスへの支援まとめ

新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大により、仕事に影響が出たり、仕事そのものがなくなったりしているフリーランスもいます。

このようなフリーランスに向けて、政府は以下のように様々な支援を行っています。

  • 持続化給付金
  • 家賃支援給付金
  • 住宅確保給付金
  • 国民健康保険料の減免対象適用拡大

では、これらの詳細を順に簡単に説明します。

持続化給付金

「持続化給付金」とは、営業自粛等によって、特に大きな影響を受けた事業者に対して支給される給付金です。

  • 月の売上が、前年同月比で50%以上減少している
  • 2019年以前から事業収入を得ていて、今後も事業を継続する意思がある

これらの人が条件となり、フリーランスの場合は最大100万円が支給されます。

給付金の申請期間は、令和2年5月1日(金)〜令和3年1月15日(金)です。

書類に不備がなければ、2週間程度で指定した口座に給付金が振り込まれます。

家賃支援給付金

「家賃支援給付金」とは、事業主の地代や家賃の負担を軽減するための給付金です。

  • 月の売上が、前年同月比で50%以上減少している
  • 5~12月の売上高について、連続する3カ月の合計で、前年同期比30%以上減っている
  • 事業のためにある土地、建物の賃料を払っている
  • 2019年12月31日以前から事業収入を得ていて、今後も事業を継続する意思がある

以上の全ての条件を満たす人が、支給の対象になります。

給付額は最大で300万円です。

住宅確保給付金

「住宅確保給付金」とは、休業等に伴う収入の減少で、住居を失うおそれのある人が対象となる給付金です。

  • 退職・廃業から2年以内の人
  • 休業等による収入の減少、住居を失うおそれのある人

上記のどちらかに当てはまる人が対象です。

また、現在はフリーランスの人も対象になっています。

原則3カ月〜最大9カ月、家賃相当の金額を自治体から家主に支給されます。

国民健康保険料の減免対象適用拡大

コロナの影響で、収入が前年度の10分の3以上減少した人に対して、「国民健康保険」と「国民年金」の免除が受けられます。

減免の割合は、以下のように前年の合計所得金額によって決められます。

  • 300万円以下の場合     全額
  • 400万円以下の場合            10分の8
  • 550万円以下の場合            10分の6
  • 750万円以下の場合            10分の4
  • 1000万円以下の場合          10分の2

申請書類は、日本年金機構の公式サイトからダウンロードできます。

書類の提出先は、各市区町村の国民年金担当窓口です。

参考:日本年金機構

まとめ

ということで今回は、仕事がないフリーランスができる対処法を説明しました。

対処の仕方や仕事の探し方は様々ありますので、現時点で自分ができることは何か、じっくり見直してみましょう。

コロナの影響による国の支援もあるので、仕事や生活に影響があったフリーランスの方は、支援を活用してみてください。

ABOUT ME
wataru
wataru
埼玉出身のアイドルオタク。大学時代は就活に失敗してフリーターになってしまう。 その後一時は就職するも仕事を辞め、現在はフリーランスのライター。オタク活動費は必要経費。推しメンの笑顔はプライスレス。