フリーランスの基礎知識

フリーランスの屋号はどうのように決めればいい?屋号を作るメリット、デメリットまとめ

フリーランスとして独立すると、屋号は、開業届や確定申告など、さまざまなシーンで求められます。

屋号は必須ではなく、登録義務はありません。

しかし、フリーランスの場合、屋号によって受けられるメリットがあります。

そこで本記事では、屋号の決め方や、フリーランスが屋号を持つメリット・デメリットを解説します。

屋号の必要性を知りたい、屋号の決め方を知りたい人は、ぜひ本記事を読んでみてください。

フリーランスの屋号とは

屋号とは、個人事業につける名前のことをいいます。会社の場合、社名にあたるものです。

会社の場合は、代表者と会社は別の括りになるので、会社名をつける必要があります。
しかし、個人事業の場合は、屋号は必須ではありません。

そのため、屋号を持たないで活動するフリーランスも少なくありません。

フリーランスが屋号を利用するシーンは、以下の通りです。

  • 事業用銀行口座の開設
  • 請求書、契約書、見積書、領収書
  • 確定申告
  • 開業届
  • 名刺

ただ、先述したように、屋号は必ず必要ではないため、確定申告の書類や各種届けに記載するために、わざわざ決める必要はありません。

フリーランスの屋号の決め方

いざ屋号をつけようと思っても、どうやって決めていいか分からないかと思います。

そこでこの章では、屋号の具体的な決め方を紹介します。

屋号に求められることは、「覚えやすくて、何の事業をしているか一目で分かる」ということです。

例えば、Webデザイナーなら、「○○WEBデザイナー事務所」といった屋号をつけておけば、一目でWebデザインをやっている人だと分かります。

Webデザインに関連する取引先が、仕事を依頼しやすくなるでしょう。

覚えやすく呼びやすいものにする

覚えやすい・呼びやすい屋号にするのも大切です。

分かりづらい屋号の場合、「あの人に仕事を頼もうと思ったけれど、屋号を忘れてしまった」となる可能性があります。

呼びにくい屋号の場合、電話などで屋号を伝えた際に、何度も聞き返されたり、間違ってメモされたりする可能性があります。

例えば、フランス語やドイツ語など、日本人が発音しづらいものですと、呼びにくいでしょう。

覚えやすい、呼びやすい屋号をつける際に、意識したいポイントは以下の2つです。

  • 濁音・半濁音などを入れる
  • 日本人が発音しづらく、読みにくい単語は避ける

濁点や半濁点を入れると、以下のようなインパクトを与えやすくなります。

  • 濁音(ガ・ザ・ダ・バの各行の音節):重厚感や凄み、安心感
  • 半濁点(ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ・ぴゃ・ぴゅ・ぴぇ・ぴょの各音節):語感が軽く、ポップ・可愛いイメージ

適度な長さにする

屋号には文字数制限はないですが、あまり長すぎないものがよいです。

長くなると屋号が覚えにくい、発音しにくい、書きにくいとなり、不便なことが増えます。

屋号の印鑑を作るときも、バランスが悪くなってしまいます。

もし長い屋号を思いついたら、略して短くするのも手です。

例を挙げてみると、

  • ポケットモンスター→ポケモン
  • ユニーク・クロージング・ウエアハウス→ユニクロ
  • Daigaku Honyaku Center→DHC

上記の企業のように呼びやすくするために、略してすぐに覚えられるものが理想です。

フリーランスの屋号の例

屋号を決める際に、どのような例があるのかも気になるかと思います。

そこで、この章ではフリーランスの屋号の例を紹介します。

職種別に分けてみたので、該当する人はぜひ参考にしてみてください。

ライター

ライターの屋号の例は、以下の通りです。

  • 本名 (佐藤太郎など)
  • ペンネーム(架空の名前)
  • 個人事務所(〇〇ライティング)

ペンネームは、「四葉みんと」「青山あおい」のように、架空の名前をつけることです。

また、「佐藤ライティング」のように、苗字と職業名を組み合わせ、個人事務所風にする方法もあります。

いずれの場合でも、一度検索して、同名や似たような屋号がいないかを確認しましょう。

デザイナー

デザイナーは、Webデザイナーや非Web系のデザイナー(イラストレーター・グラフィックデザイナー・インテリアデザイナー)でそれぞれ違うため、分けて説明します。

Webデザイナー

Webデザイナーの屋号の例は、以下の通りです。

  • 本名
  • ○○Webデザイン
  • ○○Webデザイン事務所
  • ○○Webデザイン工房
  • Webデザインの○○屋

Webデザイナーの場合は、非Webのデザインと区別するために、「本名+Webデザイン」としたほうが、相手に分かりやすくなります。

他には、本名+事務所や、「工房」とつけて、和風テイストを入れるのも良いでしょう。

また「Webデザインの○○屋」のように、職人感を強調するネーミングにしても、面白いです。

デザイナー(非Web系)

Web系以外のデザイナーの屋号の例は、以下の通りです。

  • ○○デザイン
  • ○○イラスト工房
  • アトリエ○○
  • ○○インテリアデザイン

基本的には、Webデザインと同じ付け方で良いでしょう。

イラストを書いている人ならば「○○イラスト工房」、画室・工房など仕事場のイメージを出すなら、「○○アトリエ」という付け方もおすすめです。

エンジニア

エンジニアの屋号の例は、以下の通りです。

  • ○○システム
  • ○○技研
  • ○○lab、ラボ
  • ○○プロジェクト

「システム」というキーワードは、エンジニアを連想させる言葉の1つです。

スキルを強調したい場合は、「技研」という言葉を使うとよいでしょう。

「Lab」をつけると、専門性やプロフェッショナルなイメージを連想させます。コンサル的なニュアンスも含められます。

また、「プロジェクト」の表記を加えた屋号も、エンジニアの屋号として定番です。

表記を「Project」と英語にすれば、スタイリッシュさも出せるでしょう。

カメラマン

カメラマンの屋号の例は、以下の通りです。

  • ○○studio
  • ○○フォト工房
  • ○○写真事務所

以上のように、写真を扱うことが分かる屋号にするのがおすすめです。

おしゃれな写真を撮影している人であれば、「Photograph」のような英語表記にすると、依頼するお客さんもイメージが沸きやすいでしょう。

フリーランスが屋号をもつメリット

フリーランスが屋号を持つと、どんなメリットがあるのでしょうか。

この章では、フリーランスが屋号を持つメリットを、まとめて紹介します。

屋号付きの銀行口座を作れる

フリーランスが、開業届を提出して屋号を付けると、銀行で個人事業主専用の「屋号付き銀行口座」が開設できます。

これにより、プライベートと支出を別にでき、事業にかかった費用が管理しやすくなるので、帳簿を付けるときにも便利です。

確定申告の準備も、スムーズに済ませられるでしょう。

取引先・社会からの信用が高まる

前項で述べた「屋号付き事業用口座」ですが、個人名ではなく、屋号が入った口座を持っていると、取引先からの信頼度が高まるメリットがあります。

屋号付き事業用口座を提示することで、「事業をきちんと行っている」という印象を持ってもらえるからです。

また、屋号があることで、クライアントとの取引・商談がスムーズに進む可能性があります。

自分の事業を覚えてもらいやすい

「○○ライティング」や「○○デザイン」といった屋号名を提示すると、

  • 「ライティングをやっている○○さん」
  • 「デザインをやっている○○さん」

といったように、取引先が、どんな事業をやっているか、を把握してもらいやすくなります。

これにより、仕事の受注にも繋がるでしょう。

商工会議所の加入がスムーズになる

屋号を持っていると、商工会議所の手続きが簡単になります。

商工会議所とは、地域の経営者や個人事業主のみが参加できる、商工業者の集まりです。

商工会議所の加入条件には、「個人事業主として開業している」という要件があり、屋号を持っていれば、開業届を提出していることも分かるので、加入がスムーズになります。

ちなみに、商工会議所は以下が有名です。

  • 日本商工会議所
  • あんしん財団

フリーランスが屋号をもつデメリット

一方、屋号をもつことで、どんなデメリットがあるのでしょうか。

この章では、デメリットについて説明をします。

屋号を決めるための手間と時間がかかる

特にフリーランスになりたての人なら、屋号をどのような名前にするか、悩んでしまいますよね。

真面目に考えるほど、時間もかかってしまいます。

ただ、屋号は必ずしも必要なわけではないので、「最適な名前が見つかったら、届け出る」と気楽に考えて良いでしょう。

事業内容が屋号により固定されやすい

「○○ライティング」や「○○デザイン」などの、職種に直結した屋号を付けると、仕事が固定されやすいというデメリットもあります。

例えば「○○ライティング」の屋号を持つ人が、デザインの案件に応募した場合「屋号はライティングなのに、デザインをするの?」と戸惑わせるでしょう。

複数の事業を持っている人は、事業別に屋号を分けることを、検討しみてください。

フリーランスの屋号の注意点

屋号を作る際には、いくつか注意点があります。

ここではその注意点についてまとめているので、屋号を作る時の参考にしてみてください。

屋号に使用できる文字を確認しておく

特に文字の決まりはなく、アルファベットや数字も屋号に利用できます。

他に利用できるものとしては、

  • 「&」(アンパサンド)
  • 「’」(アポストロフィー)
  • 「,」(コンマ)
  • 「-」(ハイフン)
  • 「.」(ピリオド)
  • 「・」(中点)

引用:法務省

以上の符号が利用できます。

屋号に使えない文字列がある

フリーランスは、「個人事業主」の屋号に該当するので、「~会社」「~Iinc.」といった、会社と誤認される文字列の利用はNGです。

また、商標権で守られている文字列も使えません。大手企業のブランド名やキャラクター名などが該当します。

例えば、ナイキ、ピカチュウ、くまモンなどです。

上記の文字列が屋号に入っていると、屋号を見た人は、「大手企業と関連している?」と勘違いする恐れがあります。

すでに登録されている屋号は避ける

すでに登録されている屋号を、同一市内で他の人が利用するのは、避けた方が賢明です。

近隣に同じ屋号を持っている人がいると、見た人が混同する恐れがあります。

屋号を考えたら、同一の表記がないかを、管轄の法務局で確認するようにしましょう。

この場合、法人に限られますが、地域内の屋号は確認できます。

屋号の登録方法

フリーランスの屋号を登録するには、法人とは違い、複雑な手続き・手数料などは必要ありません。

屋号を登録するには、開業届を税務署に提出する際、「屋号」の項目に記入します。

開業届とは「個人事業の開業・廃業等届書」のことで、新しく事業を始める際に税務署に提出するものです。

開業届は、税務署窓口・郵送・オンラインで提出できます。

なお、屋号を変更するには、確定申告の際に、申告書や決算書に新しい屋号を記載して提出するだけです。

開業届について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

フリーランスが開業届を出すメリットは?開業届の記入・提出方法も解説しますフリーランスの事業開始を税務署に通知する「開業届」。 実は開業届を提出していなくても、フリーランスとして仕事はできるのですが、開業...

まとめ

今回は、フリーランスの屋号の決め方と、屋号を持つメリット・デメリットを解説しました。

  • 事業内容に即したものにする
  • 覚えやすいものにする

などを屋号の名前にすると、仕事の受注にも繋がりやすくなります。

フリーランスの場合、屋号の登録・作成は必須ではありません。

しかし、本記事で紹介したように様々なメリットがあるので、一度検討してみてくださいね。

ABOUT ME
wataru
wataru
埼玉出身のアイドルオタク。大学時代は就活に失敗してフリーターになってしまう。 その後一時は就職するも仕事を辞め、現在はフリーランスのライター。オタク活動費は必要経費。推しメンの笑顔はプライスレス。