お役立ち情報

フリーランスは健康診断を受けるべき理由3つ!お得に健康診断を受ける9つの方法をご紹介

フリーランスになってから、健康診断を一度も受けていない人もいるでしょう。

時間も取られるし、お金もかかることです。ただ、ずっと健康診断を受けないでいると、病気の発覚が遅れるばかりか、仕事ができなくなる可能性もあります。

そこで今回は、フリーランスが健康診断を受けるべき理由と、お得に健康診断を受ける方法を9つ紹介します。

健康診断にかかる費用が心配なフリーランスの方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

フリーランスが健康診断を受けるべき理由3つ

健康診断の目的は、「健康状態を調べて、病気の予兆を発見すること」です。

この章では、フリーランスにこそ、健康診断が必要な理由を説明します。

収入に影響する

フリーランスは、働けなくなった瞬間、収入がゼロになってしまいます。

会社員の場合は、体調不良などで働けない状態になっても、有給休暇や傷病手当、障害年金などの社会保障を活用することで、一定の収入は維持できます。

病気で休んだとしても、他の社員が、仕事をカバーしてくれます。

一方、フリーランスは会社員のような手厚い保障はありません。病気になって働けない場合は、その時点で収入がストップしてしまいます。

生産性に影響する

体調が優れないと、生産性の良い仕事ができません。

会社員の場合は、調子が悪くなれば、有給休暇を利用できます。

しかし、フリーランスの場合は、休んだら収入も下がるので、体調が悪くても仕事をしてしまいがちです。

その結果、さらに体調が悪化してしまい、生産性が落ちるという悪循環になってしまいます。

病気が重症化する可能性がある

健康診断を受けるまでの間隔が長くなると、病気を見過すリスクも高くなります。

いつの間にか病気になっていて、気付いたら重症化していた、という可能性もあるでしょう。

重症化して手遅れになる前に、体調を把握できる、健康診断を受けることをおすすめします。

フリーランスの健康診断は経費になる?

事業を行うために使用した費用が経費です。そのため、事業に関係のない健康診断の費用は、経費にできません。

ただし、フリーランスでも、法人化している場合は、社長への「福利厚生費」として経費にできます。

ちなみに、会社員の場合は、会社側が従業員に健康診断を受けさせるよう、法律で義務付けられています。費用は会社が負担します。

フリーランスがお得に健康診断を受ける方法9つ

前項で、健康診断は経費にならないことを解説しましたが、それでも健康診断をお得に受ける方法は、たくさんあります。

ここでは、お得に受ける方法を9つ紹介していきます。ぜひ参考にして、健康診断をなるべく安く受けましょう!

自治体の一般健康診断を受ける

健康診断は、市町村や自治体でも実施しています。

住んでいる自治体によって、無料もしくは格安で受診できるところも多いです。

自治体によって、対象年齢や条件、金額が異なるので、自分の住む地域はどうなっているのか、情報をチェックしてみましょう。

乳がんや子宮がん診断など、女性向けの診断を、リーズナブルに行っている自治体もあります。

自治体の特定健康診査を受ける

特定健康診査とは、「メタボ検診」とも呼ばれ、生活習慣病を予防するための健康診断です。

その名の通り、メタボリックシンドロームに着目した健診が行われます。

40歳~74歳までの方を対象にしています。国で定められたものなので、どの自治体でも実施しています。参考:厚生労働省

自治体によって内容に違いはありますが、無料になることが多いので、該当年齢になったら受けることをおすすめします。

業種別の保険組合に加入する

「保険組合」とは、同じ種類の職業についている人を組合員とする、被用者保険制度です。保険組合に加入しても、健康診断が受けられます。

例えば、クリエイター、エンジニア、美容師を対象とした、様々な組合があります。

保険組合は保険料が変わらない「固定料金制」が多いです。

そのため所得によって、保険料が変わる国民健康保険よりも、安く済む可能性があります。

クリエイター系フリーランスが加入している文芸美術国民健康保険組合の場合、特定健康診査が受けられます。

受診費用は組合負担です(組合負担上限額を超えた分は自己負担)

また、人間ドックの受診では、補助金を支給してくれます。

その他の保険組合について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

フリーランスの保険の種類は?健康保険やおすすめの民間保険を紹介します!病気やケガで治療を受ける際に必要になるのが健康保険です。 会社員ならば会社の健康保険に強制的に入ることになっていますが、フリーラン...

フリーランス対象の保険サービスに加入する

民間の保険サービスには、フリーランスを対象としたものもあり、サービスの一環として、「健康診断」を受けられる場合があります。

ここでは、「WELBOX」と「あんしん財団」を紹介します。

WELBOX(ウェルボックス)

「WELBOX」は、株式会社イーウェルが提供する、パッケージ型福利厚生サービスです。

フリーランスがWELBOXを利用するには、フリーランス協会への加入が必須で、加入後に、特典としてWELBOXが自動付帯されます。

フリーランス協会とは、フリーランス向けの福利厚生や、保険を提供している非営利団体です。
フリーランス協会のWELBOXでは、全国3,000施設の健康診断や人間ドックが、会員特別価格で受けられます。

子育て支援やスキルアップ支援といったサポートもありますよ。

参考:フリーランス協会

あんしん財団

あんしん財団は、ケガの保障や、福利厚生の補助金サービスを提供する、中小企業・個人事業主向けの法人です。

個人事業主の場合、月額2,000円で加入できます。

加入者には一年に一度、定期健康診断の補助金として、2,000円が支給されます。

人間ドックでも1年に1回、補助金額が6,000円支給されますよ。

国内で定期健康診断を実施している、全ての病院(医療機関)が、補助金の対象になります。

参考:あんしん財団

アラカルトドック (検査項目別ドック)を受ける

アラカルトドック とは、特定の検査だけを選んで受けるものです。

人間ドックでは身長体重、血圧測定、検尿、血液検査といった様々な検査がありますが、アラカルトドックでは、自分が詳しく調べたい箇所だけを組み合わせて、検診が受けられます。

人間ドックを利用するとなると、何万円も費用がかかりますが、特定の検診のみであれば、それほど高額にはなりません。

セルフメディケーション税制を利用する

セルフメディケーション税制とは、「特定成分を含んだOTC薬品」の購入費用が、控除の対象になる制度です。

薬を買うだけではなく、健康の維持や促進や疾病の予防のために、特定健康審査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診を受けている人が、対象の制度になります。

OTC薬品とは、医師に処方してもらう「医療用医薬品」ではなく、ドラックストア・薬局で自分で購入できる、「要指導医薬品」と「一般用医薬品」のことです。

購入金額が年間12,000円を超えた場合で、超えた部分に対しての所得控除が受けられます(控除上限金額は88,000円)。

所得控除によって税金(所得税、住民税)が安くなりますよ。

OTC薬品をよく利用しているフリーランスであれば、ぜひとも活用しておきたい制度です。

ただ通常の医療費控除との併用ができないので、注意しましょう。

参考:厚生労働省

任意継続の被用者保険を利用する

「任意継続被保険者」とは、会社員の頃に加入していた保険を、退職後も利用できる制度です。

会社を退職したフリーランスでも、最長2年間任意継続することができます。

  • 会社員だった頃の給付が受けられる
  • 保養所の利用、人間ドックの受診ができる

というように、一般の保険者と同じように活用できます。

ただ保険料は会社と折半ではなく、全額自己負担になってしまうので注意が必要です。

費用、内容、条件などは組合によって違うので、確認してみてください。

献血を受ける

献血センターでは、献血に協力してくれた人への感謝の気持ちから、

  • 7項目の生化学検査成績(肝臓に含まれる酵素やコレステロールなどの検査)
  • 8項目の血球計数検査成績(赤血球やヘモグロビンなどの検査)

この2つを知らせてくれます。

そのため、健康診断の代わりに、献血を受ける人もいます。

市区町村の健康診断で、献血の項目がなかったら、献血を行ってみるのもいいでしょう。

近隣の医療機関の健康診断を受診する

これまで紹介してきた内容が使えない場合は、自費になりますが、近所の病院で健康診断を受ける方法もあります。

費用は、数千円から1万円程度です。

ただし、

  • 自治体の補助金が出る場合
  • 健康組合から補助金が出る場合

があるので、前もって調べるのがおすすめです。

この場合は、自分で医療機関を選べない可能性が高いので、注意しましょう。

病院・クリニックで自費の健康診断を受ける場合、検査項目を自由に選ぶことが可能です。
ですので、気になる検査項目を重点的に受診できますよ。

まとめ

ということで今回は、フリーランスが健康診断を受けるべき理由と、お得に健康診断を受けられる方法を解説してきました。

フリーランスは、会社員のように健康診断が義務付けられていないため、健康診断をおろそかにしがちです。

しかし、病気になって働けなくなると、収入もゼロになってしまいます。

ですので、フリーランスとして元気に働き続けたいなら、定期的に健康診断を受けるのをおすすめします。

健康診断は経費になりませんが、自治体の健康診断を受けるなど、安く受ける方法もあるので、ぜひ本記事を参考にして、お得に健康診断を受けてみましょう。

ABOUT ME
wataru
wataru
埼玉出身のアイドルオタク。大学時代は就活に失敗してフリーターになってしまう。 その後一時は就職するも仕事を辞め、現在はフリーランスのライター。オタク活動費は必要経費。推しメンの笑顔はプライスレス。