お役立ち情報

フリーランスが事業用口座を作るメリットは?おすすめの銀行口座3選

フリーランスになると、プライベートの口座とは別に事業用口座を持っていると便利です。

しかし、銀行口座といっても無数にあり、どれを選べばいいのか悩みますよね。そもそも事業専用口座は必要なのかも気になるところです。

今回はフリーランスに向けて、事業用口座のメリットや、どの銀行口座を選ぶのがおすすめか?を解説をしていきます。

フリーランスが事業用口座を作るメリットは多いので、ぜひ参考にしてみて下さい!

フリーランスの事業用口座って?プライベート口座はだめ?

フリーランスの事業用口座とは、プライベート用とは別に事業に使うための銀行口座のことです。
主に報酬の入金や、クレジットカードで支払った経費の引き落とし先として利用します。

個人口座と分けることで、プライベートの生活費や個人的な買い物などの収支が混在するのを防ぎ、事業の利益や赤字がひと目でわかるなどのメリットも。

フリーランスが開設できる銀行口座には以下があります。

  • 個人名で開設する普通口座
  • 屋号付きの口座

どちらのタイプの口座が自分の事業に適しているかは、前もって確認しておきましょう。

それぞれの特徴は後から詳しく解説します。

フリーランスが事業用口座を作るメリット

事業用口座を作ることはフリーランスにとってメリットも多いです。ぜひ知っておいてください。

  • 確定申告がスムーズになる
  • お金の出入りが把握できる
  • 経費を計上しやすい
  • 税務調査対策になる
  • クライアントから信頼されやすい
  • 簿記をつけやすい
  • ビシネスに便利な機能やサービスがある
  • クラウド型会計ソフトと相性がいい

確定申告がスムーズになる

事業用口座を作っておくと確定申告をスムーズに進めることができます。

確定申告では事業収入を一年分計上しなくてはならず、一件ずつ自分の記憶と照らし合わせながら振り分けていきます。

プライベートの収支と事業の収支を分けておくことで、後々混乱を防ぐことができるでしょう。

お金の出入りが把握できる

事業用の口座があると、利益が出ているか?損をしているか?や、お金の出入りを一目で確認できます。

また、プライベートの生活費などを一切省けば、事業利益に誤差が生まれるリスクも減ります。

経費を計上しやすい

経費とは事業を行う際に発生する費用のことですが、確定申告で重要なのが経費の計上です。

プライベートと事業の口座を分けることで、事業で発生した経費を整理しやすくなり、「私的費用の経費計上」を防ぐことができます。

個人的な買い物の費用を間違って経費に入れずに済むでしょう。

税務調査対策になる

税務調査とは、確定申告後に税務署が納税者の申告内容をあらためて精査し、脱税がないかを調査することです。

事業用口座があれば正しい経費計上ができるので、税務署から「脱税」というあらぬ疑いをかけられるリスクを減らせます。

税務調査の捜査手法の一つ「銀行調査」(取引先銀行に預けている資産や出納から申告内容を確認する調査)もクリアしやすくなります。

クライアントから信頼されやすい

クライアントと取引を進める際、屋号付きの事業口座を持っていると信頼されやすい、事業が認知されやすいというメリットがあります。

ネットショップを運営し顧客とやりとりするなら、店舗の名称が入った屋号付き口座の方が安心感を与えられる場合も。

ただし、屋号付き口座はすべての銀行が対応してはいないので、まずは口座を開きたい銀行に屋号付きの口座が作れるか確認しましょう。

簿記をつけやすい

事業用口座を作っておけば、記帳されている情報を上から順に帳簿に落としていけば良いことになるので、簿記作成が楽になります。

プライベートの支出と一緒にしまっている場合は、見分ける手間が増えてします。

特に、複雑な青色申告の複式簿記を利用するなら、事業用の口座を作っておくと管理しやすくなるでしょう。

ビシネスに便利な機能やサービスがある

事業用の口座には、ビジネス用の機能やサービスが付帯していることが多いです。

例えば、顧客への大量振込みや決済サービスなど、事業規模が拡大した場合にあると役立つ機能が揃っています。

クラウド型会計ソフトと相性がいい

事業用口座を作っておくと、口座同期型のクラウド型会計ソフトを、スムーズに活用することが可能です。

事業用の支出とプライベートの支出が混在した口座を同期し、クラウド型会計ソフトで処理すると、手作業で振り分ける作業が必要になり時間がかかります。

最初から事業用の口座を持っておけば、手間が省けて会計ソフト管理も捗るでしょう。

フリーランスが開設できる事業用口座

冒頭でもふれましたが、フリーランスが開設できる事業用口座は以下の2つになります。

  • 普通口座
  • 屋号付き口座

フリーランスでも会社設立をした場合は法人口座を開設することも可能です。法人口座では金融機関の口座名義が会社名となります。

本記事では、普通口座と屋号付き口座の違いや特徴を見ていきます。

普通口座

普通口座とは、普通預金口座、当座預金口座など、一般的な口座を指します。

銀行の窓口、ウェブ、郵送、テレビ電話などさまざまな方法で、通常と同じように開設することができ、支店も自由に選べます。

普通口座は手軽に始めやすいので、かけだしフリーランスなら、まずはプライベートと別の普通口座を開設し、事業用とするのをおすすめします。

屋号付き口座

屋号とはフリーランスが使う事業上の名前のことで、「◯◯デザイン」「△△工房」など、事業内容をひと目で認知してもらえるメリットがあります。

屋号付き口座は「屋号+代表名」で口座を作るのが一般的ですが、ゆうちょ銀行なら屋号のみで作成可能です。

ただし、屋号付き口座を開設するには以下の注意点があります。

  • 店頭窓口での申し込みが一般的(ネットバンクで開設できる銀行もある)
  • 自宅や事務所から最も近い支店でのみ開設可能
  • 屋号が記載されている「開業届」と屋号を証明する書類が必要
  • 開設までに1週間程度時間がかかる

フリーランスとしてゆくゆくは事業規模を拡大するつもりなら、準備に時間を要しても、屋号付き口座を検討してみましょう。

後に紹介する楽天銀行ならば、途中で屋号付き口座に乗り換えもできるので、まずは普通口座を利用するという選択もできます。

フリーランスが口座を作れる銀行の種類と特徴

口座を作るには銀行を選ぶ必要がありますが、一口に銀行といっても多くの種類があります。

ここでは、フリーランスが利用できる代表的な銀行とその特徴を解説していきます。

メガバンク

  • 三菱UFJ銀行、三井住友銀行など知名度が高く安心
  • 全国どこにもATMや支店があるので利便性が高い
  • 審査が厳しい場合がある

メガバンクはその知名度から安心感があるのがメリット。

全国にATMや支店があるため、引越し等を考えているのならメガバンクでの口座開設はおすすめです。

ただし、屋号付き口座を開設する場合、厳しく審査されるケースが多いため、初心者フリーランスにとってはハードルが高いかもしれません。

複数の書類提出が求められるのもメガバンクの特徴です。

例えば三菱UFJ銀行では、屋号が記載された公共料金領収書や郵便物、事務所の賃貸契約書などを初回来店時にすべて提出しなければなりません。

信用金庫

  • 個人事業主や中小企業などの取引多数。フリーランスでも口座を作りやすい
  • 長く取引を続けると将来の融資が通りやすくなる
  • 近隣在住か近くで事業を行っていることが必要

信用金庫は、個人事業主と中小企業を中心に取引しているので、フリーランスの場合も口座開設がしやすいでしょう。

信用金庫のメリットは、取引を続けることによって信用度が高まると、将来に融資が受けやすくなることです。

ただ利用するには、その信用金庫の近くに住んでいるか、近くで事業を行っているなどの条件があります。

ゆうちょ銀行

  • 屋号のみの振替口座を開設できる
  • 全国どこにもATMや支店があるので利便性が高い
  • 振替口座は通帳やキャッシュカードが無い
  • 振替口座はATMが利用できない

ゆうちょ銀行は、銀行のなかでも唯一、屋号のみを口座名にできる銀行です。

他の屋号開設ができる銀行になると「屋号+代表名」が口座名となりますが、屋号のみを口座名にすると、より事業者らしい雰囲気を出せるでしょう。

注意点として、屋号のみの振替口座は「当座」扱いになります。
通帳・キャッシュカードが無いため、入出金する場合は、窓口で取引するかネットバンキングを利用しなければなりません。

インターネット環境を整えていない、または不備があるフリーランスにとっては、少々使い勝手が悪いと言えるでしょう。

ネット銀行

  • 開設がネット上で完結できフリーランスにもおすすめ
  • ATM手数料の無料の銀行が多いなどの利便性がある
  • 利用不可の取引先もある
  • 社会的な信用は得られにくい

ネット銀行は手数料の安さから、利用者が増えて種類も大幅に増えました。口座開設はネット上ですぐにできます。

口座開設が比較的容易なので、かけだしフリーランスの人はネット銀行がおすすめです。

一方で、メガバンクや信用金庫に比べると、依然としてネット銀行は社会的な信用には欠けるところがあります。

最近では、大手企業もネットバンキングを導入しているので、知名度やセキュリティが上がっていますが、取引先によってはネットバンク取引が不可の場合もあります。

セキュリティに関しては、セキュリティトークンを採用している銀行がおすすめです。

フリーランスにおすすめのネット銀行3選

「かけだしフリーランスの人にはネット銀行がおすすめ」と説明しましたが、フリーランスになったばかりの人でも使い勝手のいいネット銀行を3つ紹介します!

楽天銀行

開業届を提出する予定のあるフリーランスにおすすめしたいのが楽天銀行です。

  • 個人ビジネス口座(屋号付き口座)が開設可能
  • ビジネスデビットカードが無料申請できる
  • クラウドソージングの報酬受取手数料が100円になる
  • 楽天証券とマネーブリッジを結ぶと楽天普通預金の金利が5倍
  • 利用頻度によって手数料が無料

楽天銀行の個人口座と受付印のある開業届があれば、手数料無料で屋号付き口座が開設できるのが最大の特徴です。

屋号付き口座では、最大30件までまとめて振込できるサービスや、ビジネスデビットカードも無料作成できるなどさまざまなメリットがあります。

口座開設の申込後、開業届のコピーを返信用封筒に入れて送付するだけと、手続きも簡単です。

また、クラウドワークスやランサーズを利用している人なら、報酬受取手数料は100円に(その他の銀行の場合は500円)。

フリーランスが欲しい機能が揃っている銀行口座と言えるでしょう。

楽天銀行の公式サイトはこちら!

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行も屋号付きの口座開設にも対応しています。

  • 屋号付きの口座を開設できる
  • 無料でVISAデビットカードを発行できる
  • ペイジーが利用できる
  • ワンタイムパスワードを導入
  • 貯まったTポイントを現金化できる

ジャパンネット銀行は、無料でVISAデビットカードも発行できます。銀行口座残高以内でやりくりしたい人は持っていて損はないでしょう。

ペイジーを使って、法人税や申告所得税などの税金や公共料金をスマホやATMで支払えるのもメリット。
仕事が忙しく納税がギリギリになった場合でもスムーズに支払えますよ。

さらにジャパンネット銀行はトークン・ワンタイムパスワードを導入。セキュリティ対策も取られているので、ネット銀行開設に不安な方でも安心できるでしょう。

ジャパンネット銀行の公式サイトはこちら!

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は個人口座か法人口座が開設できます。

  • 代表口座のほかに目的別口座を5つ作成できる
  • 会員のランクによりATM手数料と振込手数料が無料に
  • 他行振込手数料が他と比べて安い
  • 住信SBIネット銀行アプリで入出金を確認できる

住信SBIネット銀行は、残念ながら口座名に屋号を入れることはできませんが、個人名義の代表口座を開設すると、5つまで口座を作れるので資金管理しやすいです。

ただし目的別口座ではATMでの入出金や振込不可。報酬が入金されたら目的別口座に移動しコツコツ事業資金を貯める、などの使い方ができます。

また、住信SBI銀行では会員のランクによってATM利用手数料と振込手数料が無料になります。

他行あて振込手数料は同業他社と比べても圧倒的に安いので、その分が振込手数料の節約になるでしょう。

住信SBI銀行の公式サイトはこちら!

おわりに

ということで今回は、フリーランスで事業用口座を作るメリットや、おすすめの銀行口座について説明しました。

事業用口座を作ると、

  • 確定申告がスムーズになる
  • お金の出入りが把握できる
  • 税務調査対策になる

などさまざまなメリットがあるので、プライベート口座と事業用口座を分けることをまず考えてみましょう。

また、事業用口座を作るなら、利便性やセキュリティなど自分がどのポイントを重視するかで選ぶのが大切です。

長くフリーランスを続けていくつもりなら、屋号つきで口座を作ることも視野にいれましょう。

ABOUT ME
wataru
wataru
埼玉出身のアイドルオタク。大学時代は就活に失敗してフリーターになってしまう。 その後一時は就職するも仕事を辞め、現在はフリーランスのライター。オタク活動費は必要経費。推しメンの笑顔はプライスレス。