フリーランスの基礎知識

フリーランスとはどんな働き方?特徴や代表的な職種を紹介します

近年、「フリーランス」という言葉をよく耳にするようになりました。

ざっくり言うと、フリーランスとは「企業や組織に所属することなく、自分のスキルをいかして自由に仕事を請け負う人」のことです。

ただ、これだけの説明ではいまいちピンときませんよね?

この記事では、フリーランスの特徴や具体的な職種など、フリーランスに関する基本情報を広く解説していきます!

フリーランスとはどんな働き方か

フリーランスは企業や組織と雇用契約を結ばず、仕事単位での業務委託という形で働きます。

法律上は労働者に当たらないため、彼らが仕事の対価として受け取るのは「給与」ではなく「報酬」です。

フリーランスの中でも「専業」「副業」など細かな違いはありますが、基本的には自分の持つ知識やスキルをいかして仕事を請け負うので、専門性の高い働き方と言えます。

ここからは、フリーランスとその他の働き方との違いをみていきましょう。

個人事業主との違い

フリーランスという言葉とセットで、「個人事業主」という言葉もよく出てくるでしょう。

端的に言うと、個人事業主は「フリーランスという働き方の中で、法人化していない人」のことです。

法人化とは、事業の収益が大きくなった個人事業主が、節税対策として法人を設立することを指します。

個人事業主と法人は税務上のあり方の違いであって、どちらもフリーランスであることには代わりありません。

自営業との違い

自営業は自ら事業を営んでいる人の総称で、個人事業主も法人もこれに含まれます。

自営業と聞くと、飲食店や商店など小売業者をイメージする人が多いでしょう。

彼らは自分たちで仕事を生み出し、働く時間と場所を固定化していることがほとんどです。

一方で、フリーランスは企業などから業務を請け負い、働く時間と場所を自由に決められます。

フリーランスと自営業には、こうした働き方の違いがあるのです。

フリーターとの違い

フリーターは、企業にアルバイトやパートとして所属して働き、生計を立てている人のことです。

フリーランスと違って雇用契約を結んでいるので、「労働者」として扱われます。

そのため、要件をクリアすれば、雇用保険・労災保険・社会保険などに加入することが可能です。

派遣社員との違い

派遣社員は、派遣会社と雇用契約を結んだうえで、派遣先の企業で業務を行う人のことです。

「専門性が高い」「雇用や収入が不安定」など、良くも悪くもフリーランスと似たところのある派遣社員ですが、やはり「会社と雇用契約を結んでいる」という違いは大きいです。

フリーランスの特徴

フリーランスの働き方や、他の就労形態との違いをみたところで、フリーランスのメリット・デメリットを解説していきます。

フリーランスのメリット

フリーランスのメリットとして、主に以下のものが挙げられます。

  • 働く場所や時間を自由に設定できる
  • 定年がない
  • 会社員よりも稼げる可能性がある
  • 仕事を選ぶ(断る)ことができる

企業に属していると、社内規定に縛られ、働く場所も時間も年齢制限も自分では決められません。

昇給や昇格も社内規定に沿って行われるので、大きな業績を上げたとしても給料がドーンと上がることは滅多にないでしょう。

また、自分で仕事を選ぶことも難しいので、苦手なことや嫌なことでもやらなければならない場合があります。

一方フリーランスでは、仕事に関するしがらみが他の働き方よりもグッと少なくなるのです♪

フリーランスのデメリット

自由な働き方が大きなメリットであるフリーランスですが、以下のようなデメリットもあります。

  • 収入が不安定になる
  • 自己管理の手間が増える
  • 労働基準法が適用されない
  • 医療保険・年金などが弱くなる

フリーランスには会社員の給料のような定期的な入金はないので、今月は稼げていても来月どうなるかはまったくわかりません。

  • 仕事獲得のための営業
  • スケジュールと体調の管理
  • 確定申告や納税の手続き

これらはすべて自身でやらなければならないのです。

また、労働基準法が適用されないフリーランスは、労働時間や残業などの保護を受けることができず、下手をすると際限なく働くハメになります。

さらに、フリーランスは企業の健康保険や厚生年金に加入できないので、保険料を全額負担しなくてはなりません。

その割に、傷病手当金などがなかったり、年金の額が少なくなったりとリターンは小さいです。

【スキル別】フリーランスの代表的な職種

メリットもデメリットもあるフリーランスですが、具体的にはどんな職種があるのでしょうか。

ここでは、フリーランスの中でも特に知名度の高い職種を紹介していきます。

【IT】プログラマー・エンジニア

プログラマーもエンジニアも、近年注目を集めている「プログラミング」の知識、それに基づくスキルの習得が必要な職種です。

  • エンジニア…クライアントからの要望を受けてシステムの設計図を作る
  • プログラマー…その設計図に沿ってプログラミングする

という役割の違いがあります。

これらIT系の職種は「需要が多いが人手不足」という状況なので、仕事の単価は他のフリーランスと比べてもかなり高いです。

実力や経験のある人なら、年収1,000万円超えも夢ではありません。

【デザイン】Webデザイナー・イラストレーター

デザイン系の職種はフリーランスの中でも人気が高く、目指している人がたくさんいます。

Webで活動するのがWebデザイナーで、紙媒体を中心に活動するのがイラストレーターという認識で良いでしょう。

それぞれの仕事内容は下記のような感じです。

  • Webデザイナー…PhotoshopやIllustratorなどのソフトを使い、Webサイトをデザインする
  • イラストレーター…雑誌や広告などのイラストを描いたり、キャラクターやアイコンなどを作成したりする

デザイン系の職種はなり手が増えていることもあって、年々単価や収入が下がる傾向にあるようです。

しかし、センスが求められるクリエイティブな職種なので、それが認められればフリーランスとして大きく稼ぐことはまだまだできます♪

【ライティング】Webライター

スマートフォンの普及により、多くの人が手軽にWebサイトを見られるようになりました。

そのため、ネット上には数多くのWebサイトが誕生し、そこに載せる記事を書くWebライターの需要も高まっています。

ただ、ITやデザインよりも参入しやすいため、供給過多になって低単価(1文字1円未満)で仕事を請け負う人も多い状況です。

とはいえ、実際の収入は記事のジャンルや当人のスキル・知識によるところがあるので、会社員以上に稼いでいるWebライターもたくさんいます。

【マネジメント】Web編集者

Web編集者は、前項のWebライターと関係の深い職種です。

Webサイトに載せる記事の「テーマ」「ジャンル」「ターゲット」などを企画し、それに従ってライターが書いた記事を編集して形を整えていきます。

中には、編集した内容をフィードバックし、Webライターの教育まで担当する場合もあるとか。

Webライターの増加に伴ってWeb編集者の需要も高まっているため、高いマネジメントスキルを持つ編集者であれば、1,000万円を超える年収を得られるでしょう。

【専門知識・知見】インストラクター、コンサルタント

自分の持つ専門知識や知見を活かす職種として、インストラクターやコンサルタントがあります。

それぞれの仕事内容は、以下のような感じです。

  • インストラクター…特定の技術を誰かに指導する人(ヨガインストラクター、パソコンインストラクターなど)
  • コンサルタント…クライアントからのヒアリングを通して、問題点や課題を見つけて解決策を示す人(経営コンサルタント、キャリアコンサルタントなど)

特に、コンサルタントは「クライアントに成果を出させること」が仕事なので、その分だけ報酬も高額になります。

フリーランスのコンサルタントには、たった一度のコンサルティングで何十万円もの報酬を受け取る人がいるほどです。

フリーランスになる前にしておくべきこと


「企業に属さず自由に働きたいから、さっさと会社を辞めてフリーランスになるぞ!」と決意した人は、ちょっとだけ待ってください。

会社員とフリーランスではかなり環境が異なるので、いろいろと準備が必要なのです。

ここからは、「フリーランスになりたい人が、会社員を辞める前にやるべきこと」に焦点をあてて解説していきます。

クレジットカードやローンの手続きをする

現時点でクレジットカードを持っていないなら、会社を辞める前に最低2枚は作っておきましょう。(1枚は仕事用、もう1枚は日常生活用として使い分けるのが理想的)

フリーランスとして活動するための設備などを整える際、クレカでの支払いを求められるシーンは必ずあります。

しかし、フリーランスは会社員よりも社会的な信用が低いため、クレカの審査に落ちる可能性が非常に高いのです。

同じ理由で、車やマイホームのローンを組む予定があるのなら、会社員でいるうちに済ませてしまいましょう。

フリーランスになってからでは、ローンを組めずに購入を諦めざるをえなくなるかもしれません。

フリーランスにおすすめのクレジットカードについて知るには次の記事もおすすめです。

フリーランスがクレジットカードの審査に通るには?おすすめのカード9選フリーランスが仕事をする上でクレジットカードは一枚持っておきたいもの。 しかし、フリーランスはクレジットカード審査に通りにくい、と...

作業環境や設備の準備

前項で、フリーランスは社会的信用が低いために、クレジットカードやローンの申請が通りにくいと述べました。

実はそれと同じ理由で、賃貸契約の審査も通りにくいです。

「フリーランスとしての事務所を持ちたい」「実家を出て一人暮らしをし、そこで作業したい」などと考えて物件を借りようとしても、会社を辞めた後では難しいでしょう。

また、以下のような細々したものも、フリーランスになってバタバタする前に準備するのがおすすめです。

  • 屋号(個人事業の名前のこと。法人にとっての会社名にあたる)
  • 屋号や連絡先の入った名刺
  • 仕事専用のメールアドレス

クラウドソーシングに登録する

フリーランスになってまず直面するのが、「どうやって仕事を取ったらいいのか」ということです。

会社員時代の人脈を頼るというのも手ですが、新たな顧客を発掘するための営業もかけていかなくてはなりません。

そこで頼りになるのが、仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人をマッチングさせるサービス「クラウドソーシングサイト」です。

とりあえず、以下の大手サイトには登録しておきましょう。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

フリーランスとして働くうえでの注意点

フリーランスは立場も収入も不安定なので、稼ぎ続けるためにはさまざまな面に注意して、気を配らなければなりません。

ここでは、特に重要な内容3つにしぼって解説していきます。

納期を確実に守る

納期を守ることは、フリーランスとして何よりも大切なことと言えるでしょう。

たとえ、「もう少し時間をかければもっと良いものができる」と思ったとしても、納期に間に合わせることの方がはるかに優先順位が上です。

納期を守ることはクライアントからの信頼を得ることにつながり、ひいては次の仕事にもつながります。

とはいえ、体調不良や急な用事などでどうしても間に合わない場合もあるでしょう。

クライアントがOKを出してくれるかは別ですが、その際には必ず連絡して事情を説明し、納期の延長を申し出てみてください。

「報・連・相」をこまめに行う

一度仕事を受けると、クライアントとのいろいろなやり取りが発生しますが、クライアントに対するレスポンスはできるだけ早く、そしてこまめに行いましょう。

でないと、

  • 「こちらの話を聞いてないのかな?」
  • 「この人に任せて大丈夫だろうか?」

などとクライアントに思われてしまい、トラブルを生んでしまう可能性があります。

よく聞くトラブルとしては、一度引き受けた仕事を連絡もなしに放り出し、そのまま音信不通になるというもの。

それまでの時間がすべて無駄になりますし、新しい人を探す手間もかかるので、依頼した側からしたら最悪の事態ですよね。

クライアントもそういうトラブルがよくあることは承知しているので、彼らの不安を解消するためにも、こまめな連絡は絶対に必要です。

自己管理を徹底する

フリーランスには、会社員のように給料が定期的に振り込まれることも、傷病手当金のようなセーフティネットもほぼありません。

もし、自分が体調を崩すなどして働けなくなってしまったら、その時点で収入が完全に途絶えてしまうのです。

そんな恐ろしい事態を防ぐためにも、常日頃から自分の体調をしっかり管理しておくようにしましょう。

「仕事で忙しくて無理!」というときもあるでしょうが、「十分な睡眠」「栄養のある食事」「定期的な運動」をできる限り心がけるようにしてください。

まとめ

フリーランスという働き方について、基礎知識は身についたでしょうか?

たくさんのメリットがある一方、かなりキツめなデメリットもあるので、どんな人にもフリーランスが向いているわけではありません。

少なくとも、「時間も場所も自由に働けるんだ!すごい!私もこんな風に働きたい!」と、フリーランスの良い面だけをみて、勢いそのままに会社を辞めることだけはしないでください。

フリーランスがどんなものかをきちんと理解し、自分に適性があるかを見極めた上で、フリーランスを目指すか否かを判断するようにしましょう。

ABOUT ME
マッスー
マッスー
元気な引きこもりWebライター兼Web編集者。出版社に約10年勤めたものの、会社の環境が合わなくなり、ストレスで体を壊して退社。ただまぁ、せっかく身につけたスキルは活かしたいよなぁということで、フリーランスとして記事を書いたり校正したりと、なんやかんやで文章に関わる仕事をしてます!パソコンをカタカタしながら、お気に入りの音楽を聞き、お気に入りのコンビニスイーツ&フルーツを食べるのが至福のとき。