お役立ち情報

フリーランスのメリット7つ!デメリットはあるの?会社員との違いも解説します!

会社員を辞めてフリーランスとして働きだすと、「こんなはずではなかった」と思う人もいます。

そこで、本記事では、現役フリーランスである筆者の経験や、周りのフリーランスから学んだフリーランスのメリット・デメリットを紹介します。

「フリーランスに憧れているけど、実際どうなの?」と思っている人は、ぜひ本記事を最後まで読んでみて下さい!

会社員とフリーランスの違い

会社員とフリーランスは、特に契約面や働き方の違いが大きいです。

両者は、次のような違いがあります。

  • 会社員:雇用契約・・・労働者に報酬を支払うことを約束する契約
  • フリーランス:業務委託契約・・・処理した仕事に対して報酬を受け取る契約

雇用契約とは、正社員や契約社員、アルバイト、パートなどが、企業と結ぶ労働契約になります。

あらかじめ決まった時間の労働を行い、その対価として「給与」が支払われます。

一方、フリーランスは、企業や個人と業務委託契約を結び、業務を遂行したり、成果物を納品したりすることで、報酬を受け取るという働き方になります。

このため、フリーランスの働き方は、自由度が高い分、個人の力量や裁量によって、報酬が大きく変わる側面を持っています。

フリーランスのメリット7つ

前項では、会社員とフリーランスの働き方の違いを説明してきましたが、フリーランスにはどんなメリットがあるのか、気になりますよね。

フリーランスの主なメリットは、以下の7つです。

  • 働く時間が選べる
  • 働く場所が選べる
  • 収入が上がることもある
  • 税金の負担を軽くできる
  • フリーランスならではの人脈ができる
  • 人間関係や通勤のストレスが減る
  • 定年退職がない

これらについて順に説明します。

働く時間が選べる

自分の都合や状況に合わせた働き方ができるのは、フリーランスならではの魅力だと私は感じています。

例えば、以下のように時間を調整することができます。

  • 仕事の合間に銀行に行く
  • 体の調子が悪い時は病院に行く
  • 息抜きしたい時はカフェに行く

私の場合は、用事のために時間を潰したいときに、カフェにパソコンを持ちこみ、仕事をして時間を有効活用しています。

会社員の場合は、毎日の通勤や就業時間により、どうしてもスケジュールは固定されてしまいます。

働く場所が選べる

好きな場所で仕事ができるのは、フリーランスのメリットだと感じています。

特に私はライターなので、インターネットが繋がる場所であれば、どこでも仕事ができます。

公園に持ち運びができるイスとデスクを持ち込んで、仕事をしているフリーランス仲間もいますよ。

フリーランスの働く場所については、以下の記事に詳しくまとめています。

ノマドワーカー向きの仕事11選!仕事内容からノマドワークができる場所まで徹底解説「ノマドワーク」という働き方に、「自由な場所で働ける」イメージを持つ人も多いでしょう。 この記事では、時間と場所にとらわれない「ノマド...

収入が上がることもある

フリーランスは、仕事を行った分だけ、収入を大幅に上げられる可能性があります。

経験値と顧客からの評価・スキルにより、数十万以上報酬がアップするケースも、珍しくありません。

それに対して会社員は、仕事で成果を上げたとしても、査定が頻繁に行われないかぎり、一気に収入が上がることは稀です。

成果に対して給与が伸びずに、モチベーションがダウンしてしまう人もいます。

このように、実力次第になりますが、フリーランスは報酬が上がるチャンスがあるのです。

税金の負担を軽くできる

フリーランスは、青色申告控除、経費、損益通算などの活用により、所得税や住民税などの負担を軽くできます。

経費の対象は幅広く、家で働いている場合、家賃や光熱費も経費の対象となります。

また「青色申告控除」は、所得税の確定申告を青色申告で行った場合に、最大65万円受けられる控除です。

さらに、青色申告をした場合は、損益通算(赤字分を翌3年間繰り越せること)を行うことができます。

フリーランスの具体的な節税方法は、以下の記事に詳しくまとめているので、参考にしてください。

フリーランスの節税対策は何がある?経費と控除のポイントを徹底解説!初心者のフリーランスなら「節税」を気にかけている人もいるでしょう。 せっかく始めた事業を継続するためには、納税の負担を少しでも減ら...

フリーランスならではの人脈ができる

フリーランスは、仕事を一緒にしたい人を選べるのがメリットです。

他のフリーランスとつながることで、より大きなプロジェクトを遂行できる可能性もあります。

また、業種にこだわらず、フリーランス同士が手を組めば、新たな分野の案件にもチャレンジできるでしょう。

仕事の獲得だけでなく、思いを共有することもできます。

私もtwitterを使い、地元に住んでいるフリーランスと繋がって、仕事上の悩み相談をしたことがあります。

人間関係や通勤のストレスが減る

フリーランスは1人で仕事をすることが多いので、人間関係のストレスは少ないです。

人付き合いにプレッシャーを感じる人なら、このメリットは大きいでしょう。

自分も会社員のときは、上司と上手くいかず、仕事に支障をきたしていました。

毎日の通勤も、苦痛でたまりませんでした。

ですが、フリーランスをやり始めてからは、これらの原因がなくなったので、ストレスが確実に軽減されたと感じます。

定年退職がない

フリーランスには、「定年退職」という概念がありません。

身体が動けばいつまでも働ける、というメリットがあります。

「65歳になったら終わり」と区切らずに、実績とスキルがあれば、何らかの形で働いて収入が得られるでしょう。

フリーランスのデメリット6つ

上記でフリーランスのメリットを解説してきましたが、当然デメリットもあります。

フリーランスのデメリットは以下の通りです。

  • 収入が不安定になりやすい
  • 自己管理が必要
  • 確定申告が必要
  • クレジットカード契約の審査に通りづらい
  • 社会保障が少ない
  • 労働基準法の恩恵を受けにくい

収入が不安定になりやすい

フリーランスは、会社員に比べると、どうしても収入は不安定になります。

私も、継続していた案件がなくなった時は、「これがフリーランスの厳しさか・・・」と痛感しました。

いざという時に備えて、

  • 複数の取引先を見つけておき、一社に偏らないよう仕事をこなす
  • 仕事の相談ができるよう、クライアントと良好な関係性を築いておく

などの対策を行っておくのがおすすめです。

自己管理が必要

フリーランスは、会社に管理されていない分、自分の意思であらゆることを管理します。

特に、以下のようなことです。

  • 体調管理
  • スケジュール管理
  • タスク管理
  • 財務管理
  • 文書管理

私もフリーランスになった当初は、働く時間が安定せず、自己管理に苦労しました。

上手く時間を管理できないと、仕事をスムーズに進められないので、慣れるまで大変です。

また、フリーランスは財務管理も自分でやらなくてはなりません。課せられる税金を計算して、確定申告を行う必要があります。

細々した税金の計算や請求書の保管をしていると、会社の総務・経理部のありがたみが分かりました。

確定申告が必要

会社員の場合は、年末調整によって会社が納税を代行をしてくれます。

しかし、フリーランスは、自分で確定申告をして納税をしなければなりません。

領収書をすべて保管しておく、プライベートと資金を明確にする、など確定申告では色々な手間がかかります。

日中に仕事をする場合、休みや夜間などに作業をしなければならないので、無事に申告が終わるまでは、心身ともに疲れ切ってしまいます。

確定申告に関しての詳細は、以下の記事を参考にしてください。

フリーランスの確定申告はいくらから必要になる?ケース別に解説しますフリーランスになると、収入を申告して、所得税を納める確定申告を行わなくてはなりません。 フリーランスになったばかりの人は、確定申告...

クレジットカード契約の審査に通りづらい

フリーランスは社会的信用が低くなってしまうので、クレジットカードも作りにくいです。

必ずしもクレジットカードが作れない、ということではありませんが、会社員と比べれば確実にハードルが上がります。

クレジットカードを作るなら、会社員時代に作っておきましょう。

フリーランスのクレジットカードに関しての詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

フリーランスがクレジットカードの審査に通るには?おすすめのカード9選フリーランスが仕事をする上でクレジットカードは一枚持っておきたいもの。 しかし、フリーランスはクレジットカード審査に通りにくい、と...

社会保障が少ない

フリーランスは、会社員に比べて社会保障が乏しく、将来的にもらえる額も減るのが、デメリットです。

また、厚生年金と健康保険の納付は、会社員なら会社と折半なのに、フリーランスは全額負担になります。

せっかく収入を得ても、社会保険を納めると、手取りとなる分はかなり減ってしまうのです。

これらのことから、フリーランスになるなら、社会保障についてしっかりと把握して、あとで後悔しないようにしましょう。

フリーランスに関わる年金と健康保険の詳細に関しては、以下の記事を参考にどうぞ。

フリーランスはどの社会保険に加入できる?将来やリスクに備える対策も紹介!会社員時代は加入が当然だった社会保険ですが、フリーランスの場合は加入できるもの、できないものが出てきます。 つまり、いざというとき...
フリーランスの保険の種類は?健康保険やおすすめの民間保険を紹介します!病気やケガで治療を受ける際に必要になるのが健康保険です。 会社員ならば会社の健康保険に強制的に入ることになっていますが、フリーラン...

労働基準法の恩恵を受けにくい

冒頭で紹介したように、フリーランスの契約形態は「業務委託」が一般的ですが、業務委託の場合、労働関連法令が適用外になります。

労働関連法令とは、働く人の労働条件の最低基準を定めた法律で、賃金、就業時間、休日その他の勤労条件などを保護するためのものです。

フリーランスになると、この法律の恩恵が受けにくくなります。

そこでおすすめしたいのが、FREENANCE(フリーナンス)です。


引用:FREENANCE

FREENANCEとは、フリーランス向けのお金と保険のサービスです。

FREENANCEの主な特徴は、以下の通りです。

  • 無料の損害賠償保険
  • 報酬の即日払いサービス
  • 口座維持手数料がかからない

「納品物に問題があった」「著作権違反の疑いがかけられた」といったトラブルがあったときに、補償が受けられます。

万が一のトラブルがあった場合に、安心ですね。

手数料は3%~10%かかりますが、取引先に発行する請求書を買い取ってくれて、その代金を先に振り込んでくれるので、未納に対処できます。

FREENANCEで利用する口座の維持手数料は、無料なので気軽に利用できますよ。

FREENANCEの詳細については、以下の記事にまとめています。

FREENANCE (フリーナンス)の評判口コミは?メリット・デメリットから利用価値を徹底調査!フリーランスとして活躍する人の多くは、 賠償などのトラブル 実際に現金が手元に入るまでの時間 などが気にな...

まとめ

ということで今回は、フリーランスのメリット、デメリットについてまとめてみました。

フリーランスは収入が不安定になりやすい、社会保障が少ないなどのデメリットがあります。

ただスキルがあれば、自由な時間に自由な場所で働けますし、働けば働いた分だけお金がもらえるメリットがあります。

ですのでメリット・デメリットをしっかり把握した上で、「フリーランスになるか」を決めてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
wataru
wataru
埼玉出身のアイドルオタク。大学時代は就活に失敗してフリーターになってしまう。 その後一時は就職するも仕事を辞め、現在はフリーランスのライター。オタク活動費は必要経費。推しメンの笑顔はプライスレス。