お役立ち情報

ココナラの評判って実際どう?口コミから分かったメリットとデメリット

「みんなの得意を売り買い スキルマーケット」で知られるココナラ。

デザインやWebサイト制作をはじめ、様々なスキルを販売することができます。
本格的にフリーランスを始める前に、まずは副業としてココナラに登録してみるのも一つの手。

そこで、今回はココナラの評判や実際の利用者の口コミから分かったココナラのメリット・デメリットを紹介していきます。

ココナラとは?


引用:公式サイト

ココナラは、自分のスキルを販売できるサービスです。

デザインやイラストなどのクリエイティブ作品の他にも、Webに関する知識やコンサルティングも販売可能。

自分の得意なことやスキルを求めている人に販売できる画期的なサービスです。

ココナラで販売できる商品

ココナラで販売できる商品カテゴリーは以下の通りです。
デザイン系から悩み相談まで幅広く取り扱っています。

  • デザイン
  • イラスト・似顔絵・漫画
  • Webサイト制作・Webデザイン
  • 音楽・ナレーション
  • 動画・写真・画像
  • ライティング・ネーミング
  • IT・プログラミング
  • ビジネスサポート・代行
  • ビジネス相談・アドバイス
  • 集客・Webマーケティング
  • 翻訳・語学
  • 悩み相談・カウンセリング
  • キャリア・就職・資格・学習
  • 恋愛・結婚
  • 美容・ファッション・健康
  • ライフスタイル
  • 趣味・エンターテイメント
  • 占い
  • 士業
  • マネー・副業・アフィリエイト

自分の得意なことを生かしてお仕事ができるのが嬉しいポイント。
フリーランスを目指す方なら、Webサイト作成・Webデザイナ・ライティング・プログラミング系のお仕事を募集してみるのが良いでしょう。

ココナラの評判は?実際の利用者の口コミを調査

ココナラを利用して作品を販売するにあたり、気になるのは評判や口コミです。

Twitterから実際の利用者の口コミをみていきましょう。

ココナラの良い評判・口コミ

ココナラの良い評判・口コミから分かること

  • 受け身で仕事を獲得できる
  • 運営がしっかりしている
  • 集客力がある

ココナラの集客力の高さや販売できるスキルの幅広さを評価している口コミが多いようです。
個人間の取引だからこそ起こりやすいトラブルにも、間にココナラがいるので安心して利用できます。
また、ココナラ内での評価を上げられれば高い単価で多くの仕事を受けられるようになるので、モチベーションを上げながら取り組めます。

ココナラの公式サイトはこちら

ココナラの悪い評判・口コミ

対面でのサービスが提供できないのが残念という口コミもありました。

ココナラミーツを利用すれば問題ないようですが、利用者は少ないようです。

トラブルが多そうだという声もありますね。

 

ココナラの悪い評判・口コミから分かること

  • 手数料が高い
  • いわれのない低評価を受けた
  • 正直に低評価をつけたところトラブルになった
  • 無理な依頼をされた
  • 依頼した内容とは違うものが納品された
  • 運営がサポートしてくれない

手数料に関するもの以外で、どの口コミにも共通しているのが、販売者と購入者でコミュニケーションが取れていないことです。

ほとんどは個人同士でのやり取りであり、会社のように依頼内容をきちんとまとめてもらえるとは限りません。

無理に依頼されたり、想像とは異なる納品物が提出される可能性もあります。

販売者として利用するのであれば、合わない購入者を受け流すスキルも身に着けておくことが大切です。

また、ココナラは手数料が高く、販売価格を安く設定しすぎると利益が得られないという口コミもありました。。

ココナラで出品するメリット

ココナラを利用するメリットとしてあげられるのが、趣味や好きなことをサービスとして販売できることです。

イラストや文章を書くのが趣味の場合、購入したいという人がいれば仕事になります。

サイトを経由しているため、取引がしやすくたくさんの人に見てもらえるのも魅力です。

  • 他のクラウドソーシング系サイトでは販売できないスキルが買い取ってもらえる
  • 多くの人に購入してもらえる
  • オンラインですべてが解決する
  • お金のやり取りは運営が仲介するので安心
  • アピールの場として利用できる
  • 自分から仕事に応募することも可能

他のクラウドソーシング系サイトでは販売できないスキルが買い取ってもらえる

一般的に、クラウドソーシングで販売できるジャンルはビジネス系のスキルが多くなっています。

しかし、ココナラではメイクのコツやモテる秘訣など、仕事としてはあまり求められていないスキルも販売できるのです。

個人同士のやり取りになることが多く、趣味や遊びでお金を使ってくれる人も多いのが特徴といえるでしょう。

ビジネススキルがない人でも、オンラインで教えられる内容であればココナラが使えます。

多くの人に購入してもらえる

自分でサイトを立ち上げて商品を販売する場合、売上はすべて自分のものになります。

しかし、サービスを利用してもらえるとは限りません。

ココナラを経由する場合、購入者側も個人情報を明かさずに手続きができます。

気軽に利用できることもあり、多くの人に購入してもらえるチャンスがあるのです。

また、利用者が多いことも集客力の高さにつながっています。

オンラインですべてが解決する

ココナラはサービスの提供からお金のやり取りまで、すべてオンラインで完結します。

対面でサービスを提供する仕組みは別サイトにあり、仕事で呼び出されることはありません。

ビデオチャットやメッセージをを使いながら、オンラインで手続きや納品を進められます。

お金のやり取りは運営が仲介するので安心

個人同士でやり取りをしていると、お金が支払われなかった、納品物が提出されなかったなどのトラブルがつきものです。

しかし、ココナラでやり取りしている場合、前払い式のためお金が受け取れなくなることはありません。

最終的に希望通りのものを納品できるかどうかで相談などが発生する可能性はありますが、詐欺や不払いなどのリスクは少なくなるでしょう。

相手と連絡が取れなくなった場合なども、運営に相談ができます。

アピールの場として利用できる

クラウドソーシング系のサイトの中でも、ココナラは販売者側がアピールしやすいサービスです。

ブログなどを活用し、サービスについてアピールもできます。

募集されている仕事に参加するだけでなく、自分からサービスを提案し、購入してくれる人を探すのがココナラの魅力ともいえるでしょう。

自分のイラストやデザインを見てもらいたいという目的でも利用できます。

自分から仕事に応募することも可能

サービスを出品しても売れない場合や、自分のレベルに合う仕事を探したいときは、募集されている仕事に応募することもできます。

ただし、応募タイプのシステムは他のクラウドソーシングサイトにもあるため、ココナラだけのメリットではありません。

ココナラで出品するデメリット

ココナラはクラウドソーシングを始めたい人におすすめのサイトですが、利用するにあたってデメリットもあります。

手数料の問題や、購入者と自分でコミュニケーションを取る必要があることも考えておきましょう。

  • 手数料がかかる
  • 電話を利用する場合手数料が高い
  • 必ずスキルが売れるとは限らない
  • 購入者と折り合いがつかないことがある
  • ある程度自信のあるスキルが必要

手数料がかかる

他のクラウドソーシング系サイトと同じで、ココナラを利用して依頼を受けると必ず手数料がかかります。

最大25%の手数料はクラウドソーシングサイトでは一般的ですが、自分で仕事を探せるなら割高です。

お金の支払いや納品に関するトラブルなどが起こったとき、サイトに仲介してもらえる安心料と考えてもよいかもしれません。

電話を利用する場合手数料が高い

占いなど、電話サービスを利用して提供するサービスの場合、手数料が大幅にアップします。

ほとんどの場合、購入者が支払うお金の50~60%が手数料となる仕組みです。

個人同士でやり取りするとなると不安が大きいとはいえ、半分以上が手数料となるのは厳しいでしょう。

自力で顧客をつかめる自身がある場合は、ココナラ以外の方法で集客するほうが収入は高くなります。

必ずスキルが売れるとは限らない

ココナラのシステムを利用してスキルを売る場合、自分からアピールをすることになります。

仕事の募集に参加することもできますが、基本は購入者がサービスを利用してくれるのを待つのが一般的です。

もしマッチングする購入者がいない場合、サービスを出品していても売れることはありません。

必ず収入が入るわけではないことを理解しておきましょう。

購入者と折り合いがつかないことがある

ココナラのシステムは自分からのアクションよりも、購入者からのアクションが多くなります。

相手の求めるものと、自分の提供するサービスがかけ離れている可能性もあるでしょう。

実際に納品したあとに、イメージが異なるということもありえます。

料金面でも割引を求められるなど、やり取りする相手との相性によって折り合いがつくかが変わってくるはずです。

ある程度自信のあるスキルが必要

クラウドソーシングサイトといっても、それぞれ雰囲気が異なります。

ココナラは得意を売り買いするサービスというコンセプトの通り、デザインや動画作成、プログラミングなど、一般の人には難しいスキルを持つ人が集まっています。

資格を活用してサービスを提供している人もおり、格安でプロに仕事を依頼できるサービスと考えてよさそうです。

プロまたはそれに準じたスキルがない場合は、稼ぐことは難しくなります。

特別なスキルがない場合は、面接やテストを行い契約するタイプのサイトが向いているかもしれません。

ココナラの使い方

ココナラは販売者と購入者で、使い方が少し異なります。

基本的な使い方を説明しましょう。

無料の会員登録をするところまでは、どちらも同じです。

販売者側の使い方

スキルを出品する場合、以下のような手順で行います。

  1. スキルを出品する
  2. サービスの購入希望がある
  3. メッセージをやり取りする
  4. 正式に契約する
  5. 評価を行う
  6. 振込口座を設定する
  7. 振込申請をする

まずは自分が販売したいサービスを選び、購入者が現れるのを待ちましょう。

メッセージのやり取りの上、契約を行います。

作業が終わると、購入者側と販売者側両方で評価を行います。

お金は振込口座の設定と申請で、口座に振り込まれる仕組みです。

購入者側の使い方

サービスを購入したいときは、自分に合うサービスを探すところから始まります。

直接相談なども可能です。

  1. 利用したいサービスを探す
  2. 購入希望のメッセージを送りお金を支払う
  3. 正式に契約する
  4. 評価を行う

購入には、事前にお金の支払いが必要です。

評価などを行うのは販売者側と同じで、状況に応じて「おひねり」などの追加支払いもできます。

ココナラにはアプリもある

ココナラは、サイトだけでなくスマホアプリでも売買ができます。

手軽に利用したい人や、簡単にアクセスしたい人にもぴったりです。

AndroidとiOS両方のアプリがあるので、端末を問わず利用できます。

もちろん、利用料は無料です。

ココナラの手数料って?

ココナラの利用料は無料ですが、サービスが売れると手数料が発生します。

スキルを販売し、購入者が支払った金額が全額もらえるわけではありません。

どのクラウドソーシングサイトでもそうですが、サイト側に手数料としてお金を支払います。

基本の手数料設定を見てみましょう。

金額 手数料
1〜5万円以下 25%
5〜10万円以下の部分 20%
10〜50万円以下の部分 15%
50万円以上の部分 10%

別途消費税分が差し引かれる他、金額によって手数料は変わります。

同一のトークルームで支払われたお金はすべて合算されるため、依頼の回数などは問いません。

もし1万円の売上があれば、25%に消費税10%分が追加され、27.5%が手数料として差し引かれます。

実際に手元に振り込まれるのは7250円です。

ココナラが向いている人

  • 何らかのスキルを持っている
  • 資格を取得している
  • アイデアを持っている
  • 安全に取引がしたい

ココナラが向いているのは、デザインや音楽、動画作成など一般の人が簡単にできないスキルを持っている人です。

税理士やカウンセラーなどの資格を持つ人も需要があります。

スキルがない場合、購入したくなるようなおもしろいサービスを提供するなど、ちょっとしたアイデアでも構いません。

特別なスキルや資格がない場合は、依頼される確率が低くなることを知っておきましょう。

また、ある程度手数料が高くても、安全にお金が取引できることを優先する人にも向いています。

ココナラのCMが話題?

「得意を売り買いココナラ♪」のフレーズでおなじみのココナラのCMですが、2020年には放送回数が大幅に増えています。

オンラインだけで仕事ができることが、コロナによる自粛生活とあいまって注目されているようです。

2019年放映のCMには、芸人の和牛も出演していますね。

副業してみたいと考える人には、気になるCMではないでしょうか。

まとめ

ココナラは、自分が得意なことをサービスとして提供できる新しいクラウドソーシングサイトです。

オンライン上で提供でき、運営の規約に沿っているなら何でも提供できます。

ちょっとした副業を始めたい人にも最適です。

何かスキルを持っているなら、試しにココナラで出品してみましょう♪

ココナラの公式サイトはこちら